LIMdays ~実質2LDKの片付け・収納・インテリア~

実質2LDKの同居ライフをプチプラ収納と家具でおしゃれに。

カテゴリー "片付け・掃除・収納" の記事

「出したら戻す」




ある程度モノを減らして毎日に目を向けられるようになったら
次は収納を考えて…
インテリアもなんとかしたいな、なんて思っているうちに
またモノが増えたりするんですが…


子どもの頃から100万回くらいは言われている
「出したら戻す」


これが出来れば大きな片付けなんて無くなります。
他人はなかなか変えられないから
まずは自分から。



人気ランキング/
にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ
にほんブログ村

\instagramは/ yur.3 です。
スポンサーサイト

服は畳まなくて(も)いい




右側が洗濯物
左側がかける収納です。

干す段階で使うハンガーを変えてるので
シリコンハンガー(#ダイソー)に干してる服は
乾いたら左側に動かすだけ。

何がストレスが考えて
すっきりクローゼットを目指すなら
やっぱり服を減らすのが近道だと思います。


人気ランキング/
 にほんブログ村 インテリアブログ シンプルインテリアへ
\instagramは/ yur.3 です。

たくさんのモノに囲まれるのが贅沢ではない

「たくさんのモノに囲まれるのが贅沢ではない。」
- Not a luxury is that you have a lot -


□庭でとった野菜を食べられるなんて贅沢
□囲炉裏があるなんて贅沢
□薪で焚いたお風呂に入るなんて贅沢
□窓から庭の桜が見えるなんて贅沢

お義母さんたちと見ていたテレビの
定年後の田舎で第二の人生を送る人のお話。
その人が言う様にこういう生活本当に贅沢だな〜と思った反面
一緒にいた田舎のおばあちゃんたちにとってみたらそれが普通。


贅沢の概念も人それぞれ。


私自身田舎でしか暮らした事がないし
面倒くさがり屋なので便利なものは好き。
自給自足の田舎暮らしがしたい、という訳でも
(とりあえず今は)ないです。


まぁ都会でバリバリ働いて
子育てもやっと終わって
定年してさぁ第二の人生、という人と
比べることも変なんだろうけど。


ただ今は
「たくさんのモノがなくても素敵」と思える暮らしをしたいし
自分が贅沢だと感じられる時間をたくさん持ちたい

そう改めて思いました。



人気ランキング/
 にほんブログ村 インテリアブログ シンプルインテリアへ
\instagramは/ yur.3 です。

実家断捨離の極意

実家断捨離の極意を見つけた気がします。


おばあちゃんの片付けを手伝って思ったのは
捨てられない人にとっての捨てるは地獄。

かと言ってモノ自体にはそんなに思い入れはなく
捨てる以外の受け入れ先が見つかれば
案外スッと手放せる。「いる?あげるわ」と。

なので

❶「いる?」と聞かれたらとりあえず全部貰う。
❷ そして持ち帰って仕分ける。
❸ 使う・捨てる。



もらってきて捨てるなんて…と思う方もいるかもしれませんが
必要ない物でも絶対に残したいものは「いる?」なんて聞かれません。
物持ちのおばあちゃんでも
絶対に手放したく無くないものの判断はできています。


残したものはまだまだ多いですが
隣で見ていた私も驚くほどたくさん手放したおばあちゃん。
後半の投げやり感ハンパなかったけど。


それでも積んであった風呂敷を全部広げて
残す服だけをケースに入れていく作業では
服と一緒に出てくるおじいちゃんの話や
最終的にかなりすっきりしたお部屋が見れて
私もうれしかった


あんなにケンカしてたくせに、結局はおじいちゃんLOVEなおばあちゃんです。


人気ランキング/
 にほんブログ村 インテリアブログ シンプルインテリアへ
\instagramは/ yur.3 です。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。